間違いメールから始まった私と彼との恋

間違いメールから始まった私と彼との恋

彼との出会いは、1通の間違いメールからだった。
まさかこのメールから恋に発展するとは夢にも思わなかった。

 

それはその日の朝メールをチェックしてると、知らない名前のメールが入っていた。

 

「誰だろう?」最近迷惑メールがよく入っているので、またそのメールかと思っていた。
しかしメールを読んで見ると、文面から意中の女性に送ったメールだと分かった。
この文章だけでもこの男性が誠実な人だと分かり、私は自分が違うというメールをその男性に返信した。
その日のお昼近くに携帯が鳴り、返信した男性からメールが来た。
私は特別な事をした訳ではないのにその男性はとても喜び、これも何かの縁だと思うから友達になりませんか?…と言われた。
友達ならと思い、それからその男性とのメールが始まった。
本当に出したかった相手は元付き合っていた女性で別れても度々メールが来るので、迷惑をしてると言う。
自分自身も過去にそんな経験をした事があるので、互いに悩みを聞いているうち気づいたら男女の仲になっていた。
こんな事ってテレビの中の世界だと思っていただけに、不思議だった。
ちょうど私は一つの恋が終わったところだったので、タイミングがいいと言えばいいが今まで付き合った男性の中で、これ程まで肉体的にも精神的にも波長が合う人はお目にかかった事がなかった。
お互いに自由人で束縛しない付き合いが、何より心地良かった。

 

出会いというのは本当に分からない。
一生懸命婚活していても出会えない時もある。
私はこの1通の間違いメールにとても感謝している。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ